忍者ブログ

浜口望海のブログへようこそ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『白浪五人男 徳川の埋蔵金』(鈴木輝一郎著、双葉文庫)





を読んだのです。 



『白浪五人男』といえば河竹黙阿弥作の『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』
歌舞伎の超有名な演目のひとつです。 


まあこの作品(今回読んだ本ね)は、その『青砥~』に着想を得て書かれたオリジナルストーリィなんだけど。 



その荒唐無稽具合ったら!


 
最初の方こそ本家をなぞるシーンがちりばめられてるわけですが、
話が進むに従ってどんどんはちゃめちゃに!
読みながら爆笑モノです。
途中から僕はドラゴンボールでも読んでるのかと錯覚しちまうくらい。 
面白すぎるので、浜村淳ばりにネタバレしまくりで書いていきます。


まずタイトルからして面白い。
糸井重里が歌舞伎でもやってるのかと思ってしまうもの(笑)
 
主人公の日本左衛門(歌舞伎では日本駄右衛門と微妙に名前を変えられてる、実在したらしい盗賊ね)ったら、
剣はめちゃめちゃ強いわ、気合いで相手を圧倒するばかりか火の玉まで飛ばしちゃうわ。
カメハメ波ですよ、まさに。
ともかく武術学術色事なんでもござれのスーパーサイヤ人。 


弁天小僧菊之助は身軽すぎて、飛び掛かって斬りつけた相手の防御の反動で浮いたまんましばらく戦うなんて立花兄弟もびっくりの荒業をこなしちゃうし。
南郷力丸は素手で壁は壊すわ建物は崩壊させるわ。
この二人が主従関係だってんだからまさに弁慶と牛若丸。 


で。
そんな彼らが徒党を組んで時の将軍、徳川吉宗に喧嘩を売るところまではまだわかる。
タイトル通り、徳川家康の埋蔵金を強奪せしめて吉宗に一泡吹かせようってとこまではある程度予測もついた。
ここからがすごいところ。


なんだかんだで、なぜ家康の秘宝を探すようになったかは長くなるから割愛(笑)


散々戦った挙句に財宝の隠し場所辿り着いたと思っておくんない。
そこは富士山の樹海。
洞窟の中の人口の地底湖。
家康の碑文があり、金三千万両に値すると書かれた財宝は「ちらのざう」
「覆水盆に返らず」の碑文に苦笑しながら地底湖の水を抜くと、
現われたのはなんとティラノザウルス


もうこの辺りで面白くって仕方ない。


しかも、一度は命からがら逃げおおせるのだけれど、
再び追ってきたティラノザウルスに、
「巨竜の次の獲物は、平穏に暮らしている庶人であろう。
この意味では、義賊を標榜する日本左衛門の敵でもある。
考えようによっては、庶人の生き血を絞り、命を食らう点では、
倫理なき官憲と似たようなものでもある。
成敗するに足る相手といえようか。」
なんていう滅茶苦茶な論理でティラノザウルスと戦うのだ。


仲間を失いながらも巨竜を倒し(それも、弱点が塩というわけのわからない設定、笑)
追ってからも逃れる左衛門だが、生きる目標も失い、自首。
そして、当然打ち首獄門に…。


で、終わるのかと思いきや。


ここでまた思いっきり吹き出しそうな結末が。

目を開けると、周りには死んだはずの弁天小僧菊之助南郷力丸赤星十三郎が。
これね、地獄で待ってたとか、夢オチでしたとかそんな陳腐な結末じゃあございません。

一人生き残った忠信利平(この本では左衛門に古くから仕える爺という設定)が、
ティラノザウルスがなぜ百数十年も湖底で生きていたのかを不思議に思い、
もしやと思ってその水を採取し、死んだ仲間たちを蘇生させてたって大どんでん返し。
もうここまで来たらどうにでもなれ。

こうして最後は白浪ゾンビ男たちが大見栄を切って終わるという、なんとも痛快な物語。


途中かなり省略したから、これだけ読んだら実際以上にナンノコッチャ!?な感じでしょう。
省略した中にも、爆笑なエピソードは満載なんだけど。


あ~僕にもっと文章力があったらなぁ。


この面白さ、ぜひ読んでみていただきたい。
元ネタ知らなくても全然大丈夫だから。
たまにはこんなのも面白い。

PR

『桃山ビート・ドライブ』(天野純希著、集英社)
を読んだのです。 





書店で見つけてなんとなく気になって。 


予感的中!
面白いっ!! 


すんごいロックな時代小説。
こんなん舞台にしたら面白いだろうなぁ~。

著者は僕と同い年!
第20回小説すばる新人賞受賞作だってさ!
時代小説としては亜流かもしれないけど、
まだまだ粗削りなのかもしれないけれど、 
今の感覚で瑞々しく書いた時代小説。 

それって、STAR☆JACKSのやりたい時代劇に通ずる部分。
ワクワクするね。


まだ文庫にはなってないけれど、もしも機会あったら読んでみてくださいませ♪

3連休の中日。
みなさんいかがお過ごしですか?
浜口望海です。こんにちは。


今日、僕はライヴを観にシアタードラマシティへ。
マテ・カマラスの来日公演。




実は今年の春、激凹みだった時に観て客席で泣きました。


ウィーン版『エリザベート』


その中で死神トートを演じていたマテ・カマラス


こんなにRockでカッコいい死神って!





衝撃でした。
同時に、自分の情けなさに腹が立ちました。


俺はこんなところで何をしてるんだろう…


ってね。
でも、それで救われたりも。

そんなマテの再来日。
今回はミュージカルではなくライヴ。
宝塚版で同じくトート役をやった姿月あさとさんと東宝版の現トート、武田真治さんと。
やっぱり見に行きたい。


…そのくせしてチケット予約はしてませんでした。
どうも何事も予約ってのが苦手でして(^^;)


当日券狙いで劇場に着いたのは開演3時間前。
売り場前には貼紙が。


当日券は開演1時間前より発売いたします。
5枚だけご準備しております。



その時点で既に4人並んでおりました。
てことは残り1枚。
見たけりゃ並ぶしかありません。

開演1時間前まで2時間待ち。

並ぶことが大嫌いな僕ですが、仕方ない。
ただひたすら並びます。
本でも持って来りゃよかった…。
ちょっぴり後悔。


しかしファンの人の連帯感ってすごいですね。
チケットを譲るとか買うとか。
初対面なのに素晴らしいチームプレイ。
それも大体みんな一度は見てるのに、再度見ようってんだから。
中にはチケット持ってるのに、より良い席が当日券で出るかも…と
期待して並ぶ強者までいるんですから。


僕なんざ、並ぶってだけで軽く躊躇ったぜ??(自慢にはなりませんが…)


そのパワーに脱帽です。
決して安いチケットじゃありません。
それでも何度も観たいと思ってもらえるってすごいシアワセ。
我らSTAR☆JACKSもそう思ってもらえる芝居をしていきたいなと強く感じたわけで。


でもね、ひとつだけ言いたいことが。


当日券が発売され始めて、僕の前の子の番になった時。
どうやらその子はカードで支払いできると思ってたみたい。
現金の持ち合わせが足りないんです、どうしても見たいんです、と売り場の人に話す彼女。
そんなこと言われても売り場の人はどうしようもありません。
そりゃそうだ。
見かねていくら足りないのかと訊いてみたら、1000円とのこと。
せっかく長い時間並んで1000円足りないくらいのことで見れないのも可哀相。
貸しましたよ、当たり前。
まあ2時間以上一緒に並んでた誼もありますからね(笑)

で、まあ買い終わってから彼女がお金をおろしてくるというので待っていたら。
僕の後に並んでいた何度も見ているファンの人らが話す言葉が耳に。


「☆列の席(彼女の買った席ね)惜しかったね~」


ん?
そりゃ彼女が買えなけりゃ自分に廻ってきたのにってことかい?

カチーン。

そりゃないぜ。
アンタ何回も観てるんだろ?
いいモノを何回も観たいと思うキモチ、それはわかります。
そんなファンの人たちが公演を支えてくれているのもよくわかる。
でもさ、たった1回の為に並んでる人だっているわけだ。
なのにそんな自分本位な言い草はないんじゃないのかね?

なんだかすんごく悲しくなった一幕。
猛ダッシュで戻ってきた彼女から1000円返してもらい、
始まるまでの間、悪い気分を切り換えるためにその場を離れました。

ったく、なんだかなぁ…。

10月になりました。
読書の秋。
久しぶりに本の話でもしましょうか。


『鼠小僧次郎吉』(大佛次郎・著、徳間文庫) 


を読み終えまして。
『鞍馬天狗』なんかで有名な大佛次郎。
その作品を初めて読みました。 


実は読み始めるまで僕、大きな勘違いをしておりました。
というか、100頁くらい読んでから気づいたんです。 


今までずっと


ダイブツジロウ


だと思ってた!(-.-;) 


変なペンネームだなぁ~
本名なら尚さら変だ(笑)
なんて思っていたのですが、正しくは


オサラギジロウ


…変だったのはむしろ僕の読み方だったわけで(^^;)

しかし、長らくの思い込みとは恐ろしいもので、
読み方のわかった今でも本屋では行の棚を見てしまう。

まあしばらく僕の中ではダイブツさんでいてもらおうかな、と(笑) 



さてさて。
小説自体のお話。
面白いです。
最初ちょっと文体に戸惑いはあったりもしたけれど。
登場人物の粋さ加減は素敵。
特に鼠小僧こと、和泉屋次郎吉の男っぷりが。


実はね、STAR☆JACKSで白浪物をやりたいなと思っています。
次回のact#002ではありませんけどね。(←コチラはただ今石田龍昇が執筆中!乞うご期待!)
その時には満を持して僕が脚本を書きます(←ご大層な、笑)
その為にネタを拾ったり構想を考えたりしている最近なのです。 


カッコよくて色鮮やかで爽快な泥棒物語 


…まるでルパン三世の時代劇版?
(あ、石川五右衛門ばっかり出てくるってわけじゃありませんよ、笑)


1年後になるか、2年後になるか。
まだ定かではありませんが、 絶対にやろうと思っているのです。
こうして大風呂敷を広げて自分にハッパをかけるのです(笑)

劇団M.O.P『エンジェル・アイズ』を見て参りました。
大阪公演、千秋楽。



いやぁ、カッコよかった!
大の大人が堂々と馬の頭としっぽのついた棒に跨って
パッパカパッパカとウエスタンしてしまうんだもの。
バキューンバキューンとピストル撃ち合うんだもの。
カッコイイとしかいいようがない。
マジで。

人間てのは、衣食住が整えばまあそれなりに生きていける。
芝居なんてなぁ、おまけみたいなもんで。
卑下でも謙遜でも何でもなく。
そんな、無けりゃ無いで困りもしないおまけみたいなことを大の大人がやるんだから、
バカバカしくもカッコよくありたいもんです。あり続けたいもんです。

芝居は一期一会。
見に行けるかどうか微妙だったけど、行けてよかった!
ステキな時間、プライスレス。

すごく行きたがっていたSTAR☆JACKSリーダー・ドヰタイジは本日東京公演の千秋楽。
お疲れ様と一緒に「めちゃめちゃカッコよかったぜ!」と自慢のメールをしてやりました。
ハッハッハ(高笑い)

昨日・今日と天神祭です。
日本三大祭のひとつです。

今年はSTAR☆JACKS act#001『桜舞う夜、君想ふ』で着た七五郎の浴衣で!

…と思ってたんだけどね。

つい忘れて予約入れちゃったんです。


坊主にしたい。

 

のっけから何を言い出すのかという感じ満載ですが。

というか、「したかったら勝手にしたらいいじゃないか!」というごもっともなご指摘はご容赦ください。

 

食に関して立て続けに気になった後、
気を取り直して映画デー第二弾。


「大奥」(主演:仲間由紀恵)



ひぇ~っ!
女の世界って怖い…(T_T)



意地悪な台詞には京都弁が一番似合う。


これ、なにゆえに!?(笑)


かなり贅沢作られていて、衣装も豪華。
鮮やかな色彩。

中でも、生島役の西島秀俊さんの衣装がいいっ。

歌舞伎役者の役柄らしく、粋な感じ。
伊達なのだけれど、ド派手というわけでもない。
劇中、何着か衣装が出てくるのだけれど、どれもいい感じ。


う~あんな着物がほしい…。


 

ちなみに僕、背が高くて手が長いので既成のLLサイズでも寸詰まりに。
先日も浴衣をプレゼントされたのだが、小さくて悲しい結果に。


仕立てるしかないのか…。

デカいのも実は考えものです(-.-;)



ところで、今日見に行ったのは千日前の国際シネマという映画館。

先日、STAR☆JACKSの石田龍昇くんに

「音響も古くて聞き取れない」

と聞いてはいたのですが、
確かにドルビーサウンドもへったくれもあったもんじゃあない(^-^;

聞き取れないことはなかったけれど、大きなTVを見てる感じ。
まあ「大奥」自体TVの延長線上にあるタイプの映画だしね。

でも、シネコン全盛の今、逆にあんなレトロな映画館も悪くはないかも。

見る映画にもよりますが。


そんなわけで、映画デーは終了したわけで。


最近みなさんは何かいい映画を見ましたか?
オススメがあったら教えて下さいね(^O^)






◎ SCHEDULE
出演情報など。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
≪舞台≫

江坂スペースシアター提携公演

STAR☆JACKS act#006
「おぼろ」

作・演出:柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)

2013年6月上演決定!!


詳細は後日!!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



公演終了しました!
ご来場ありがとうございました!

STAR☆JACKS act#005
「SWORD OF SPIRITS」
【脚本】浜口望海
【演出】ドヰタイジ

【出演】
ドヰタイジ
石田龍昇
浜口望海

酒井高陽
生田朗子
田所草子(テノヒラサイズ)
松木賢三
レスカじゅん(劇団Gock-Luck)
松本茜
澤井里依
竹村晋太朗(劇団 壱劇屋)

奥田 卓( 演劇ユニット見切り発車)
尾崎秀明
カワナベチカシ
熊田健大朗( 学園座)
焼酎ステラ( 劇団ZTON)
銭山伊織
永岡みゆき
南部直志
花田咲季
藤井 誠
本田達之
三重野夏妃
山根和花子
吉川紗良



【日時】
2012年12月
14日(金)19:00
15(土)12:00/15:30/19:00
16(日)12:00/15:30



≪MOVIE≫

北野武監督作品
「アウトレイジ ビヨンド」

2012年10月6日公開!




◎ プロフィール
HN:
浜口望海
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/10/15
職業:
俳優
趣味:
サッカー・読書・映画・ツーリング・ダーツ・ゴルフ・飲み歩きなどなど
自己紹介:
浜口望海(ハマグチノゾミ)
1979年10月15日生まれ。O型。千葉県出身。♂。
身長181cm 体重65kg 足のサイズ26.5cm

2001年立身出世劇場入団。
2004年の同劇団解散まで在籍。
解散後はフリーの俳優として舞台・映像で活動。
2007年ライターズカンパニー田畑冨久子事務所所属。


2007年6月STAR☆JACKSのメンバーとして旗揚げ。
俳優・脚本担当として活動中。



※このブログはリンクフリーです。
どんどんリンクしてください!
◎ Twitter
 フォローして下さいな♪

◎ いいね!
押してね!!

◎ NOW ON SALE


STAR☆JACKS Live House Act
@Live Bar D.Ⅲ
『幕末鳥人伝~地に足つかない男たち~』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★

STAR☆JACKS act#003
『BORN TO SHINE』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



STAR☆JACKS Live House Act
@ Flamingo the Arusha
『弁天推参~粋後姿明治白浪~』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



STAR☆JACKS act#002
『RONIN-GUY』
公演DVD


3300
期間限定 1480円
(税込、送料別)




STAR☆JACKS act#001
『桜舞う夜、君想ふ』
公演DVD


2500
期間限定 1480円
(税込、送料別)




STAR☆JACKS act#002
『RONIN-GUY』
公演オリジナル手ぬぐい


800
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご希望の方はnozomi_79rpm@mail.goo.ne.jpまで。
↑アドレスをクリック!
各商品、サイン入りをご希望の際はその旨も書いてください。
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ 最新コメント
[12/19 もか]
[12/19 かなぽん]
[12/05 Cheap North Face]
[10/20 通りすがり]
[10/16 成田あすか]
◎ 79r.p.m
79r.p.m~powered by goo blog
2006年までの記事はコチラです。
◎ STAR☆JACKS
STAR☆JACKSオフィシャルサイト
STAR☆JACKSの公式サイトです

浮雲屋ジョリーロジャー
ドヰタイジのブログ

北北東へ舵をとれ!(仮)
石田龍昇のブログ

◎ カウンター
◎ バーコード
携帯電話からもチェックできます!
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]