忍者ブログ

浜口望海のブログへようこそ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日ね、劇団M.O.Pの最終公演

「さらば八月のうた」

を見たんですよ。


やっぱ、いいなぁ。素敵だなぁ。


面白かったと思う芝居はちょいちょいあったとしても、
素敵と思える芝居ってなかなか無い。
そう、大人が見るに堪えうる数少ない劇団だと思うんです、M.O.P。

早く新作が見たかったようで、もうしばらく、解散公演は見たくなかったようで。
なんとも複雑な気分で劇場を訪れまして、
そしてやはり、芝居にはうるっと来させられて。


もう一度、この人たちの芝居が見たいけれど、これでさらば。
嗚呼、やっぱり寂しいな。。。


今日で大阪公演が終わって、東京~京都とまだ続きます。
近辺の方は、ぜひどうぞ。
絶対見て損は無いと思うから!

PR

面白い面白いとは聞いてたけどさ。
「ONE PIECE」今さらながらに初めて読んでます。
人から借りて一気読みしてます。



面白ぇ~!!



夢、希望、冒険、仲間…つまりアツさ!


少年漫画、斯くあるべし!


って感じ。
少年漫画のエッセンステンコ盛りだもの。
むしろ、それしか無いもの。
納得。
こりゃ面白いわい(^O^)


最近、自分が何を読みたいのか、何を読んだらいいのかわからなくて、
いっそ読むのやめちまえってことが結構あるのよね。
特にマンガ離れが甚だしい。
いかんいかん。
身体は物語を求めてるのに。
世の中にはもっと沢山面白い物語が溢れてるだろうに。


皆さんは、何かオススメの物語ありますか?
漫画でも小説でも結構!
最近のでも古いのでもOK!
紹介してくれたら読んでみようと思うのです。


今はただ、吸収の季節。









あ、なんならオススメの本なんぞ送ってくれたらモアハッピーです。


なんてね(^^;)

本日、サントリーミュージアムにいってきました。
お目当ては




井上雄彦 最後のマンガ展 大阪版




いやぁ~、よかった!


「スラムダンク」世代です、俺。
何度も読み返しました。


今回のは「バガボンド」の最終話(?)みたいな展示だったけどね、
画の存在感、紙の質感、筆描きの迫力、空間の使い方、光の演出…
どれも良くて、ひとつの世界観の中に取り込まれたような感じで。


入口で巨大な武蔵の絵が待ってました。





同じ絵のポスター買っちゃった♪
部屋に飾ろうと思います。
ちょっと照明にもこだわってみよう、なんて。


「バガボンド」は以前買って読んでたんだけど、途中で止まってるんだよね…。
今年で終わるらしいし、また買って読もうかな。


マンガ展はもうしばらくやってるらしいよ。
お好きな方は、オススメ!



そして今日はね、待ちに待った劇団M.O.P.の「リボルバー」を観劇。







いやぁ、よかった!
大好きです、M.O.P.!

オシャレで、カッコよくて、優しくて。
あんな芝居創りたいなぁ…。

あと一回で解散なんて、寂しすぎるぜ。
来年も、必ず見に行きます。必ず!


てなわけで、今夜はM.O.P.の余韻に浸りながら鰻を食べるのです。
土用の丑だしね。



劇団M.O.P.第44回公演「リボルバー」
大阪公演は明日まで!
(残念ながらもう満席のようです)
東京公演は29日から!
(関東地方の皆さん、オススメですよ♪)





舞台「その男」を見に行ったのです。







実は行こうかどうか迷ってたんだけど、
先日見に行ったドヰから「行った方がいいで」と言われ、予約してもらって。




うん、納得。
カッコイイよ、この舞台。
素敵だよ、この芝居。




明日からS☆Jの稽古が始まる。
なので、今日はやらなきゃならんことが山ほどあるのだけど。
まあもっと前以て準備しとけよって話なんだけどさ、
どうしてもギリギリまでかかっちゃうことがあるんでね。
劇場に行く直前までPCとにらめっこしてました。

しかししかし。



そんなことはさておき、いい芝居はいい!




そうそう。



休憩中のヒトコマ。
イカつい感じのアンチャンと、イマドキ風のニイチャンの会話が耳に留まりました。



イマ「芝居って面白いなぁ~」
イカ「おー、なんで今まで見なかったんやろと思ったわ」





…だろ?



今からでも遅くないよ。
良い芝居を沢山見てくれよ。
そして、そんな芝居を創らなきゃなと思った今夜。



しっかり堪能したので、帰ってきて明日からに備えておるのです。



あ、舞台「その男」は5/27(水)まで、なんば・新歌舞伎座にて!
俺は3階B席で見たんだけど、十分見れましたよ。
ほんで料金は3000円!


こりゃお値打ちでっせ(^-^)

三国志を探しに行った本屋で見つけてました。
ついに!やっと!待ってました!!


「吉原手引草」(松井今朝子・著、幻冬舎文庫)





文庫化をずっと待ってたのよ。
松井今朝子さんの、直木賞受賞作。


今朝子さん(って知り合いでも何でもないんだけどさ…)の本は、どれも結構面白い。
特に、元々松竹で歌舞伎制作に携わっていただけに、
江戸時代の歌舞伎事情なんかの描写は卓越してる。
歌舞伎の小屋や江戸の町中を舞台にしたサスペンスなんかが面白い。

受賞以前はさほど大々的に取り上げられることは無く、
書店にも在庫が無い作品もあったりなんかして、
この人が評価されないのはおかしくねぇか?と思ってたのよ。
なので、受賞のニュースを見た時は、
それみたことか!と嬉しかったりして。


…ま、ならば単行本で買いなさいよって話なんだけどさ(^^;)


いやいや、買おうかとも思ったんだけどね、
俺は、基本的に本は持ち歩きたいから、
文庫があるなら文庫で読みたい。
で、直木賞受賞作が文庫化されないわけがないってんで、しばし我慢してたわけです。


結局、三国志はそっちのけでこちらを即買い。
これから読むのが楽しみ~♪






敬愛する浅田次郎大先生の「輪違屋糸里」(文藝春秋刊)を再読してたのです。
今は読後の余韻に浸ってます。





なんかね・・・浅田先生の本を読む度に思うんです。


この人はとっても優しくて、人が好きなんだろうなってね。


男の馬鹿らしさと、女の靭さと。
人の脆さと、気高さと。
それらをすべて併せ呑んで、それでも人が好きだよと語ってるような気がするんです。


数ある浅田文学の中でも、特に女性に読んでもらいたい物語です。
同時に、男も読むべき物語だと思うのです。
そして、僕もこんな物語を紡いでいきたいって思うんです。
S☆Jとして、一役者として、一人の男として、一人の人間として。


春の暖かな日差しの中、ちょっと読んでみるのもいいかもよ?



読み終えて、なんだか久しぶりに聴きたくなった一曲。





ミスチルの【es】~theme of es~




・・・まんまだな、アハ(^^;)

『BANANA FISH』吉田秋生・作)という漫画をご存知だろうか。
僕の大好きな漫画です。





80年代のN.Y.を舞台にした、BANANA FISHという薬物を巡る抗争を描いた青春群像劇。

…と書いてしまえばめちゃめちゃシンプルなんだけど、
そこにはベトナム戦争の傷痕残るアメリカを背景に、
蔓延る薬物の問題、
ストリートキッズとマフィアの対立、
マフィアと政治家の癒着、
チャイナタウンやダウンタウンの黒人たちなどとの人種間問題、
東西冷戦を背景にした軍拡主義、
児童売春なんかも盛り込んで、
これね、分類上は少女漫画なのだけど、
単にそうとは割り切れないくらいにかなり骨太の物語なのです。

この漫画の主人公が、アッシュ・リンクス。
ストリートキッズのボスで、IQ180を超える金髪美形のヒーロー。





物語は、彼と、偶然彼と知り合う日本人の少年・奥村英二を中心に、
上記のような彼を取り巻く環境の中で進むのだが、
アッシュが単にカッコいいヒーローと割り切れないのは、
彼が、冷酷で頭のキレるボスである反面、
とても孤独で、傷つき、愛に飢えている少年でもあるからだろう。
つまりね、BANANA FISHという薬物を巡る抗争は、
アッシュ自身が自由を獲得する為の闘いなわけで、
(ちなみに彼は元々マフィアのボスが趣味と実益を兼ねて経営する児童売春宿の「商品」だったのね)
傷だらけになりながらも進まなくてはならない彼の姿は、
気高くもあり、読む側としては応援せずにはいられないのです。

…って、読んだこと無かったら
「なんのこっちゃ!?」てな感じだね。
ん~説明力の圧倒的不足、もどかしい。



さて。
なんでいきなりこんな話を長々としたかというと、
今日の昼に見て来たのが

Axle 第10回公演 「BANANA FISH」




だったわけでして。

最近話題のイケメン劇団、Axle
前々から一度見てみたいなぁと思ってたんです。
おまけに演目は「BANANA FISH」。
こりゃ行こう!と決めまして。
ちなみに、この公演は再演。
前にやってた時もチラシは見ていて、
気にはなってたけれど、行きそびれてたんです。
今回は、事務所の先輩も出てたので、
チケットをお願いしてついに見に行ったわけです。

原作があるモノの舞台化・映像化が盛んな昨今。
その賛否はあるだろうけれど、
それはさておき、僕は結構楽しめた。
勿論、原作ファンとしては、舞台制約上描ききれない部分とかもあって、
そこは物足りなく残念なのだけれど、
さすがに今勢いに乗ってる集団なだけあって、イキがいい。(って、魚か!!?笑)
アラも勿論あるけど、でもそれを補って余りある熱量があって。
演劇的な笑いも所々に散りばめて、客席をいじったりしながら3時間の長い舞台を飽きさせない。
その他、色んな部分でね、勉強になったし今後S☆Jを進めてゆく上で参考になることもあった。
大満足というわけじゃないけれど、見に行ってみてよかった。


てなわけで、「BANANA FISH」を再度読み直そうかと思ってる今夜。
みなさんも読んでみてみて♪
絶対面白いから!!
アッシュ・リンクスは永遠のヒーローです。


ちなみに公演は、大阪は今日まで、来週は東京だそうです。

◎ SCHEDULE
出演情報など。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
≪舞台≫

江坂スペースシアター提携公演

STAR☆JACKS act#006
「おぼろ」

作・演出:柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)

2013年6月上演決定!!


詳細は後日!!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



公演終了しました!
ご来場ありがとうございました!

STAR☆JACKS act#005
「SWORD OF SPIRITS」
【脚本】浜口望海
【演出】ドヰタイジ

【出演】
ドヰタイジ
石田龍昇
浜口望海

酒井高陽
生田朗子
田所草子(テノヒラサイズ)
松木賢三
レスカじゅん(劇団Gock-Luck)
松本茜
澤井里依
竹村晋太朗(劇団 壱劇屋)

奥田 卓( 演劇ユニット見切り発車)
尾崎秀明
カワナベチカシ
熊田健大朗( 学園座)
焼酎ステラ( 劇団ZTON)
銭山伊織
永岡みゆき
南部直志
花田咲季
藤井 誠
本田達之
三重野夏妃
山根和花子
吉川紗良



【日時】
2012年12月
14日(金)19:00
15(土)12:00/15:30/19:00
16(日)12:00/15:30



≪MOVIE≫

北野武監督作品
「アウトレイジ ビヨンド」

2012年10月6日公開!




◎ プロフィール
HN:
浜口望海
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/10/15
職業:
俳優
趣味:
サッカー・読書・映画・ツーリング・ダーツ・ゴルフ・飲み歩きなどなど
自己紹介:
浜口望海(ハマグチノゾミ)
1979年10月15日生まれ。O型。千葉県出身。♂。
身長181cm 体重65kg 足のサイズ26.5cm

2001年立身出世劇場入団。
2004年の同劇団解散まで在籍。
解散後はフリーの俳優として舞台・映像で活動。
2007年ライターズカンパニー田畑冨久子事務所所属。


2007年6月STAR☆JACKSのメンバーとして旗揚げ。
俳優・脚本担当として活動中。



※このブログはリンクフリーです。
どんどんリンクしてください!
◎ Twitter
 フォローして下さいな♪

◎ いいね!
押してね!!

◎ NOW ON SALE


STAR☆JACKS Live House Act
@Live Bar D.Ⅲ
『幕末鳥人伝~地に足つかない男たち~』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★

STAR☆JACKS act#003
『BORN TO SHINE』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



STAR☆JACKS Live House Act
@ Flamingo the Arusha
『弁天推参~粋後姿明治白浪~』
公演DVD


1480円
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★



STAR☆JACKS act#002
『RONIN-GUY』
公演DVD


3300
期間限定 1480円
(税込、送料別)




STAR☆JACKS act#001
『桜舞う夜、君想ふ』
公演DVD


2500
期間限定 1480円
(税込、送料別)




STAR☆JACKS act#002
『RONIN-GUY』
公演オリジナル手ぬぐい


800
(税込、送料別)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご希望の方はnozomi_79rpm@mail.goo.ne.jpまで。
↑アドレスをクリック!
各商品、サイン入りをご希望の際はその旨も書いてください。
◎ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ 最新コメント
[12/19 もか]
[12/19 かなぽん]
[12/05 Cheap North Face]
[10/20 通りすがり]
[10/16 成田あすか]
◎ 79r.p.m
79r.p.m~powered by goo blog
2006年までの記事はコチラです。
◎ STAR☆JACKS
STAR☆JACKSオフィシャルサイト
STAR☆JACKSの公式サイトです

浮雲屋ジョリーロジャー
ドヰタイジのブログ

北北東へ舵をとれ!(仮)
石田龍昇のブログ

◎ カウンター
◎ バーコード
携帯電話からもチェックできます!
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]